よくある質問|名古屋 オーバーホールは腕時計修理工房 巧

よくある質問faq

よくある質問

修理は直接持ち込みでも大丈夫でしょうか?

大須店へ直接お持ち込みいただいても大丈夫です。

何故、腕時計のオーバーホールが必要なんでしょうか?

長い間使っていると、部品も摩耗しますし、精度が失われてきます。
防水加工がされていても湿度などの影響で錆は出てきますし、防水加工自体の強度も弱まります。
また、使用していなくても油などの劣化は進みますので、特に異常を感じていない場合でも、定期的にオーバーホールをすることをおすすめしています。

オーバーホールの頻度はどの程度の期間でやるべきですか?

一般的に3~5年程度でオーバーホールなどを行うのが望ましいです。

腕時計のオーバーホール料金はどのように決まっているのですか?

オーバーホールは、部品をすべて分解・洗浄し、再び組み上げます。
この際、歯車やネジも1本1本確認し、摩耗している部品などは交換します。
組立の際には注油をして次のオーバーホールまで正常な動作を保持できるようにします。
以上の工程を行う技術料や部品代から金額を決定しています。

どんな腕時計でも修理して頂けるのですか?

オーバーホールや修理の際には部品交換をします。
年式の古い時計や、メーカーによって、部品が手に入らない、もしくは手に入れるまでに暫く時間がかかる場合などがあります。
代替品を使える場合は代替品で賄う場合もありますが、その部品が特殊なものだった場合などは、修理が出来ない場合もございますので、ご了承ください。

電池交換の際に電池の液漏れが見つかったのですが、これはどういうことですか?

通常2,3年で電池が交換時期となる場合が多いのですが、切れてしまった電池をそのまま放置されていると、液漏れに繋がる場合があります。
液漏れをすると周囲の精密機器等が故障する場合がありますのでご注意ください。
購入したばかりで電池切れや液漏れが分かった場合は、購入店にお持ちいただくことをおすすめします。

腕時計修理工房